災害時の応急に備えたバックアップや復旧対策とは?

日本は特に地震や台風が多い地域で、災害による被害が起こる可能性も決して低くはありません。
地震による衝撃や倒壊、落盤、落雷による停電や機器のショート、
火事、洪水や津波による浸水、台風、強風、交通事故などの二次災害、都市機能の麻痺など、日常でも非常に多くの災害の危機にさらされています。

自宅や会社のパソコンやデータ保管装置、また持ち歩いているノートパソコン
などは特に機材の破損よるデータ喪失の可能性を考えて対策をしておく
必要があります。

データ損失対策の方法とは?

まず基本として最も確実な方法は、やはり全データのバックアップを
こまめに取っておく事です。
特にサーバーや大型のコンピューターに入った重要なデータなどは
万一の地震や火事、倒壊の可能性も考慮して、セキュリティも兼ねた上で
一箇所にとどまらず他の保管場所にも移し変えたデータを保存しておいた
方が確実です。

例えばもし保存機器が熱で融解してしまったりショートで爆発したり、
倒壊の圧力で潰れてしまったらベテランのデータ復旧センターでも
復元させるのは難しいので、いざという時のために社内や事業内での
貴重なデータファイルなどは特に何重にもバックアップを取っておく
必要があります。

もちろん出来る限り日々、建物内の災害対策をしておく事も大切です。

また、災害時など万一の事態の際すぐに応急措置が取れるように、
あらかじめ最寄りのデータ復旧サービスセンターをチェックしてみたり、
窓口にて相談を申し込んでみるのも良いと思います。
posted by zbv1903 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。