再セットアップで大事なデータを消してしまったら?

お使いのパソコンにエラーなど論理的な故障が起きたりデータが入りすぎて
重くなってしまった場合、再セットアップをしてハードディスクを一度
すべて初期化した後にOSをインストールし直す事でほとんどのエラーは直って
またパソコンをスムーズに使う事ができるようになります。

しかしこの際にデータのバックアップを忘れて消してしまったり、
消したファイルがまた必要になってきた場合どうすれば復元できるのか?

再セットアップ後でもデータの修復は可能?

再セットアップをする際に大抵はハードディスクをフォーマットして
すべて初期化(上書き)する作業を行うと思われます。

この場合ごみ箱からの修復やシステム復元と違ってデータ構造も
すべて消えてしまい、こうなってしまうと自分自身(一般の方)では
復旧するのが非常に困難になります。
特に再セットアップしてからある程度パソコンを使ってデータを
入れ直した(上書きした)場合はかなり難しい状態です。

そんな時のために全国にてデータ復旧センターというサービスがあります。
再セットアップ後の専門プランにて消えたファイルを高い復旧率で
復元してもらう事が可能です。
タグ:データ復旧
posted by zbv1903 at 04:40 | Comment(20) | TrackBack(3) | 日記

復元,修復,リカバリーサービスの費用は?

PC,HDD,CD,DVD,USB,SD,MO,BD等、情報保存メディアの破損したデータ復旧
(復元,修復)サービスに依頼を行うとき、まず気になるのがやはり
データの復元にはどれくらい値段が必要なのか、主に費用の面ですね。

[データ復旧サービスにはいくらくらい掛かるのか?]

ただ、こればかりは復旧サービス会社、その各パーツでのプラン、メディアの
種別、論理障害の場合と物理障害の場合、破損状態、キャンペーン、
配送の距離、経済状態、その他あらゆる場面において差と変動がありますので
一概にこのくらいの値段、とは言えないのですが、
参考までに一つの例を下記にて表記します。

データ復旧料金プラン:参考例
ハードディスク物理障害    平均:約\300000
ハードディスク論理障害(軽度)平均:約\30000
ハードディスク論理障害(中度)平均:約\60000
ハードディスク論理障害(重度)平均:約\200000
.
CD-R/CD-RW 平均:約\30000
DVD-R/RW/RAM 平均:約\70000
MO 平均:約\40000

[データ復元料金の変動は?]

ハードディスクやMO,CD,DVD他あらゆる保存メディアは基本的に容量が
大きければ大きいほど復旧料金も大幅に上がりますのでご注意下さい。

上記でも記述しましたとおり、状態や容量、サービスによって料金の金額差は
大幅に違うので、ご依頼をされる時には十分にプランをご確認下さい。

posted by zbv1903 at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

格安料金で出来るデータ復元サービスとは?

データ復旧やパソコン修理のセンターへ依頼をする際に、数万円から数十万円
かかる、という見積もりを聞いて驚かれた方もおられるかと思います。

データの修復や本体修理は基本的に結構な修復費用がかかってしまいまして、
MOやUSBメモリ、DVD-ROM、SDカードといったリムーバブルディスクは
比較的小額、

パソコン本体、ハードディスク、サーバー、RAID、といった大容量の
メディア機器は大体高額料金、と

基本的に機材の値が高額なものほど容量も大きくなり、内部の精密機器や
プログラムも複雑になっていくため復旧にかかる費用も上がっていきます。

[低予算で出来る復旧サービスとは?]

データ復旧サービスの需要にも競争率があるため、業界水準より大幅に
安く請け負っているサービスもあります。

また期間キャンペーンやお得意様サービスもあるので故障のタイミングに
よっては役立つサービスです。

中には機材や症状の度合いによって10000円以下で受けられるプランも
あります。

また、データの復旧はお預かり期間が短いほど特急料金がかかりますので
もしお急ぎでなければ通常プランで費用を節約するのも一つの方法です。
posted by zbv1903 at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

データリカバリーサービスに依頼をした方が安い時も多い?

パソコンのハードディスクや周辺機器などの消えてしまったデータを
復元する方法にはいくつかありますけど、やはり最も確実なのは
リカバリーサービス(データ復旧サービス会社)にて注文をする事です。
90%以上と非常に高い復旧率を誇るサービスも数多く、どのような故障でも
迅速かつ確実に対応してもらえます。

[すぐに復旧依頼をした方が結果として安い時も?]

データ復旧は自分自身でもソフトウェア等を使って行う事ができます。

ただ、重度の論理障害(データのエラー)やウイルス感染などに
かかった場合、ツールを使って復元できない事も大変多く、
かえって料金や時間、手間が結果として余分にかかってしまう事もあります。

またハードディスクやメモリースティック自体がショートや衝撃などで
物理的に故障してしまうと復旧プログラムから読み込めなくなってしまう
ケースも多いです。

状況によって復旧ツールを購入して破損データを復元できるか、専門の
復旧業者でなければ回収できそうにないか、ここが判断の分かれ目で
難しいところですね。

データ復旧センターは重度の障害や機器そのものの故障にも
全てに対応されていて、大変便利で信頼性の高いサービスです。
タグ:データ復旧
posted by zbv1903 at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

消失データ修復の特急サービスとは?

パソコンや保存機器は寿命が近づくにつれて少しずつ調子が悪くなっていくので、この場合はまだ故障する前に内部のデータをバックアップできる猶予があります。

しかし、突然のアクシデントでハードディスクのエラーや物理的破損に出くわしてしまうケースもあります。

[突然のデータ破損トラブルとは?]
下記に急なデータ損失の一例を記載しました。急なデータ損失の一例
落雷や台風などの自然災害で突然停電した
契約会社側のサーバーが突然保存の前にダウンした
携帯電話をぶつけて壊してしまった
うっかり貴重なファイルを削除してしまった
コンピューターウイルスにかかった
長時間のパソコン作業でフリーズしてしまった

こんな時バックアップを取る間もなく保存ファイルが消えてしまい、
貴重なデータが失われてしまうケースもあります。

もしクライアントを待たせていたり納期限が迫っている時などは一分一秒でも早く損失データを修復させなければなりませんよね。

[損失ファイル復元の超特急プランとは?]

そんな時のためにデータ復旧センターでは、データ復元の
特急コースというプランも用意されています。

料金が通常に比べて割高になる代わりに手早く納品できる上に、最短一日で復旧作業が完了できる成功事例も多くあります。

事前の無料診断と成功報酬型のプランを行っているサービスもありますので、ファイル修復の特急プランはいざという時に非常に心強いサービスです。
posted by zbv1903 at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

災害時の応急に備えたバックアップや復旧対策とは?

日本は特に地震や台風が多い地域で、災害による被害が起こる可能性も決して低くはありません。
地震による衝撃や倒壊、落盤、落雷による停電や機器のショート、
火事、洪水や津波による浸水、台風、強風、交通事故などの二次災害、都市機能の麻痺など、日常でも非常に多くの災害の危機にさらされています。

自宅や会社のパソコンやデータ保管装置、また持ち歩いているノートパソコン
などは特に機材の破損よるデータ喪失の可能性を考えて対策をしておく
必要があります。

データ損失対策の方法とは?

まず基本として最も確実な方法は、やはり全データのバックアップを
こまめに取っておく事です。
特にサーバーや大型のコンピューターに入った重要なデータなどは
万一の地震や火事、倒壊の可能性も考慮して、セキュリティも兼ねた上で
一箇所にとどまらず他の保管場所にも移し変えたデータを保存しておいた
方が確実です。

例えばもし保存機器が熱で融解してしまったりショートで爆発したり、
倒壊の圧力で潰れてしまったらベテランのデータ復旧センターでも
復元させるのは難しいので、いざという時のために社内や事業内での
貴重なデータファイルなどは特に何重にもバックアップを取っておく
必要があります。

もちろん出来る限り日々、建物内の災害対策をしておく事も大切です。

また、災害時など万一の事態の際すぐに応急措置が取れるように、
あらかじめ最寄りのデータ復旧サービスセンターをチェックしてみたり、
窓口にて相談を申し込んでみるのも良いと思います。
posted by zbv1903 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

データ復旧会社での完全成功報酬制プランとは?

誤って消してしまった、衝撃などで記憶装置が壊れてしまった、といった
緊急時にお役立ちのデータ復旧サービス会社。

急なデータファイル損失のトラブルに遭って大事なデータをすぐに復元・回収
したいという時、
いくら復旧率が高いと言われていても高い料金を払ってもし復元に成功
しなかったら?
料金が無駄にかかってしまう可能性もあるのでは?そんな不安を解消する
方法として完全成功報酬プランを実施している会社もあります。

成功報酬型コースとは?
完全成功報酬はデータの復旧に成功できた場合のみお代を払う、
というサービスプランで、故障した機器の無料診断とセットで実施されている
場合が多いです。

データの復元は機器の値段・容量やデーターの総量が大きいほど費用が
かかってしまいがちで、もし復元ができなかったら?という方のための
事業サービスのひとつです。これにより安心して修復を依頼する事が
できます。
posted by zbv1903 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

パソコン・ハードディスク等のデータ復旧率とは?

パソコンのハードディスク(HDD)やMO、SDカード、USBメモリ、DVD−ROMなどに保存していたデータが故障した時に復元してもらえるデータ復旧サービス。
こちらでよく聞く『復旧率』というのはどんな要素なのか?

復旧率とはほぼ言葉どおり、データ復旧の成功率の事を指します。
過去の実績における統計から基づいたパーセンテージで、復旧率91%、
といった信頼度にも重要な要素となる数値です。

データ復旧の成功率とは?

データ復旧サービスセンターでは専門の設備やプロのスタッフ、
クリーンルーム、機器や破損状況に応じたプランなどきわめて優秀な
信頼性の高いサービスです。大抵の故障、データ消失ならすぐに
復旧をしてもらう事ができるのですが、重度の物理的な破損(焼き焦げなど)や
データの完全な消失などのケースで残念ながら復旧ができない事もあります。

成功と失敗の割合を計算して成功率というパーセンテージが決まります。
多くのデータ復旧センターでは90%以上もの成功率が見込まれています。

ご依頼前の無料診断で復旧の見込みや故障具合を調べてもらう事も可能です。
posted by zbv1903 at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

データ復旧方法の選択

無料のソフト、または市販の有料ソフトを購入することでデータ復旧が可能な場合は0円または数万円で済む場合もありますが、専門の業者に依頼した方が、安全ですばやくデータ復旧ができる可能性があります。

なお、HDDの容量・復旧量・障害によって通常1万円〜30万円程はかかります。また自分でデータ復旧を行う場合、2度と復旧できなくなる可能性がありますので、よく調べて準備してから自己責任で行ってください。

復元に掛かる費用・予算とそのデータ復旧の重要性をよく考えてから、「自分で作業するか」、「データ復旧の専門業者に依頼するのか」、判断することが重要です。

最悪、データ復旧が不可能になっても良いという場合にのみ自分で作業してください。
posted by zbv1903 at 10:59 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記

データ復旧の注意点

WINDOWSやパソコン・HDDに障害が発生し、WINDOWSの起動エラーや、データ復旧・HDDの復元ができない場合の基礎知識を解説。

物理障害はもちろん論理障害でもデータの上書きと長い時間の通電または連続した通電・強制終了はデータ復旧・ファイル復元ができなくなる可能性があります。

特に消失したデータを復元させようと作業をしているうちにデータやファイルを上書きしてしまうことが多いため、異変・異常のあったパソコン・HDDではまずは作業を行わずに、別のパソコンからインターネット等で情報収集することが重要です。

このサイトの閲覧も異変・異常のあったパソコン・HDDでは絶対に行わないで下さい。

パソコンはインターネットを閲覧すると、次回の閲覧に備えてキャッシュというファイルを保存してしまいます。 新しいキャッシュファイルがリンクの切れたデータを上書きしてしまい、データ復元・HDD復旧可能なデータやHDDが復旧できない状態となりますのでご注意ください
posted by zbv1903 at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。